*

ポジションを諦める

実際にノートパソコンのディスプレイの前に座って、つねに動いている為替レートをご覧になっていると、すぐにエントリーをしたいという思いが生じる場面も少なくないだろう。

 

しかしながら、あやふやな考えで取引するのだけは断じてしてはいけません。

 

ご存知の通り、マーケットは昼夜を問わず、常時いずれかの国の為替相場は関いているし相場もどういう時でも、変動しています。

 

しかしながら、売買を重ねていると、その回数分だけマイナスになる可能性が高くなります。

 

無論、エントリーの回数を重ねることによって、少しずつ勝ち負けの確率が50%、50%になります。

 

しかしその事は「明確でないインスピレーションでトレード」することとは別問題です。

 

売買回数を積み重ねるという意味は自ら「ここで勝負」と思える勝機を得られたうえでのトレード回数を積むという事です。

 

ただ、トレードを重ねるのとは大きく違います。

 

為替相場の勝負に臨むには己で考えてメリハリをつけることが重要です。

 

「ここは!」と考えたマーケットの時には、保持ポジションを買い増して意識して利益を狙います。

 

「明らかに分かりにくい外国為替相場でどう推移するのか予想できないな」と感じたならば執着しないで所有ポジションをひとつ残さず見切りをつけて何もしません。

 

これくらいのメリハリがあったほうか結果的にトレードは儲けられます。

 

市場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通り。

 

取引とは常に売買ポジションを所有する事が大事ではなくどのポジションも保有せずじっと見ていることも場合によってはFXです。

 

それでは、どういう時に休めばいいのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、前に述べたように、これからの相場展開が難しいときです。

 

ここからどうなるのか決断できない時は、間違って判断すると、自身の思ったシナリオとは反対の方向にマーケットが推移してしまい、損してしまいます。

 

こんな時はポジションを諦め、そのまま何もしないで静観を決め込むのが最良の方法です。

次に、あなた自身の体の状態がよくない時です。

 

体の状態とマーケットに影響ないと思う方もいるでしょうが案外影響します。

http://endai2013.meblog.biz/

コンディションがよくなければ市場の失敗できない状況で必要な決断を下すことが出来ない場合が多くなります。

 

やる気がわかない時は相場から目をそらす事も大事なことだ。

 



コメントする