*

NEWS

冬の時期も、しっかりと紫外線対策しましょう

冬の時期は、最も紫外線が強いとされる春から夏の時期に比べると、だいぶ弱くなっているかもしれませんが、それでも、まだまだ肌に害を及ぼす影響は強いので、1年中、しっかりと紫外線対策しなければなりません。

そんな紫外線には、A波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)という3種類があり、C波(UVC)は、オゾン層に吸収されてしまうので、ほとんど地上に到達しませんが、A波(UVA)とB波(UVB)は、地上に届き、人の肌に悪影響を与えます。

http://parurena.biz/

この2波の紫外線が人の肌に届くと、B波(UVB)は、肌表面の細胞を傷つけて乾燥を招き、A波(UVA)は、肌の悪の真皮まで到達してコラーゲンなどを変性させてシミやシワをつくり老化させてしまいます。

このように紫外線は、肌にとって最大の敵といえます。

外出するときは、顔にファンディーションなどを塗り、帽子や日傘、手袋、サングラスなどを活用して、しっかりと紫外線対策して肌を守りましょう。


一括りにメンタルといってもいろいろある

例えば運動神経がいいと言われている人でも、球技が苦手だったり泳ぐのが苦手だったりして万能な人はあまり居ないのではないでしょうか。泳ぐのが速いのに走るのは遅かったりと神様は意地悪なものです。勉強は理系と文系と大雑把に分かれていますが、文系であっても英語が得意な人国語が得意な人がいるわけです。数学でも得意分野不得意分野があるわけです。メンタルだって同じですよね。ひとくくりにメンタルと言われてもカタカナ4文字では到底言い表せないものを持つ人もいれば、軽く塞ぎこんでいる人だっています。50点以上が合格のテストに対して50点の人と100点の人を同じように合格と言っていいのかどうか。50点の人が70点まで頑張れる人だったらいいのですが。


レシート家計簿

レシートを週に一度まとめて「食費」「ファッション」「外食」等の項目ごとに手帳にメモする家計簿を付けていました。週に一度、というところがミソで、大体の食費(私の場合は3000円)とその他の予算を決めておいて、その週は使いすぎたな、と思ったら次の週はなるべく節約するようにする、という風に活用していました。 固定費である家賃や携帯代、その他、あまり月によって変化の激しくないクレジットカード利用料金や、光熱費等も固定費としていたので、家計簿には記録しません。 良い所は週ごとに予算と実際の支出がすぐ見られるし、家計簿専用のノートも買わなくて済むところです。悪い点レシートを貰うのがめんどくさいので、実際の手持ちのお金と家計簿の数字が会わないことがあるので、神経質な人にはオススメできないです。私は合わなくてもあんまり気にしないので。 お金を払うときに「確かに欲しいけど、でも今週は予算がキツイから、もう一度考えてから本当に欲しかったら来週買おう」とよく考えるようになりました。結果的に無駄遣いが減りました。あと具体的な目標額があるので、自炊をちゃんとするようになりました。 ファイアンシャルアカデミーで人生変わった

アクサダイレクトのエコノミータイプ

自動車保険に加入しています。掛け金は年間約43000円です。対人賠償および対物賠償は無制限で、人身傷害は3000万です。 2013年4月より、東京都の島嶼で暮らすことになったため、生活に車が必要になり、自動車保険を探した。自動車は前任者より譲渡されたため、赴任地にてインターネットを利用して保険を選んだ。各保険会社の見積もりを出すサイトを利用し、なるべく安く希望の補償が得られる保険を探した。請求から1日経過しない間に、ほとんどの会社が見積もりを出してくれた。上京の必要がない会社を選んで、インターネット上で仮契約を行った。仮契約から1週間ほどで契約書が送付され、車検証等の必要書類を郵送した。それから程なくして、保険証が郵送された。 今のところ、気になる点はありません。自動車事故を起こしていないため、補償内容が十分かどうか判断できません。 これまでの見直し検討はありません。契約して半年程度しか経っておらず、次回の契約更新まで期間があるため。 安全?危険?使うときが怖いと思ったトラベラーズチェック。

日焼け防止のボディクリーム

日焼けを防止する時にすることは、まずは日焼け後の火照りを無くし、十分肌を休ませ、日に当たらないこと!そして次に使用したのが、薬用の「マニス ホワイトニングボディクリーム」、このボディクリームはハーブ成分と美白に良いアルブチンから出来ており、メラニンの生成を抑えてくれるというものであります、勿論、保湿効果もバッチリで日焼け後の乾燥もしっかりケアしてくれますよ、美白効果も実感ですが、何より使い心地がすごく良いんです。 永久脱毛西宮.xyz

ポジションを諦める

実際にノートパソコンのディスプレイの前に座って、つねに動いている為替レートをご覧になっていると、すぐにエントリーをしたいという思いが生じる場面も少なくないだろう。

 

しかしながら、あやふやな考えで取引するのだけは断じてしてはいけません。

 

ご存知の通り、マーケットは昼夜を問わず、常時いずれかの国の為替相場は関いているし相場もどういう時でも、変動しています。

 

しかしながら、売買を重ねていると、その回数分だけマイナスになる可能性が高くなります。

 

無論、エントリーの回数を重ねることによって、少しずつ勝ち負けの確率が50%、50%になります。

 

しかしその事は「明確でないインスピレーションでトレード」することとは別問題です。

 

売買回数を積み重ねるという意味は自ら「ここで勝負」と思える勝機を得られたうえでのトレード回数を積むという事です。

 

ただ、トレードを重ねるのとは大きく違います。

 

為替相場の勝負に臨むには己で考えてメリハリをつけることが重要です。

 

「ここは!」と考えたマーケットの時には、保持ポジションを買い増して意識して利益を狙います。

 

「明らかに分かりにくい外国為替相場でどう推移するのか予想できないな」と感じたならば執着しないで所有ポジションをひとつ残さず見切りをつけて何もしません。

 

これくらいのメリハリがあったほうか結果的にトレードは儲けられます。

 

市場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通り。

 

取引とは常に売買ポジションを所有する事が大事ではなくどのポジションも保有せずじっと見ていることも場合によってはFXです。

 

それでは、どういう時に休めばいいのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、前に述べたように、これからの相場展開が難しいときです。

 

ここからどうなるのか決断できない時は、間違って判断すると、自身の思ったシナリオとは反対の方向にマーケットが推移してしまい、損してしまいます。

 

こんな時はポジションを諦め、そのまま何もしないで静観を決め込むのが最良の方法です。

次に、あなた自身の体の状態がよくない時です。

 

体の状態とマーケットに影響ないと思う方もいるでしょうが案外影響します。

http://endai2013.meblog.biz/

コンディションがよくなければ市場の失敗できない状況で必要な決断を下すことが出来ない場合が多くなります。

 

やる気がわかない時は相場から目をそらす事も大事なことだ。