*

損失を減らそう!

FX投資ビギナーが相場の要所を見つけるには、まず最初にトレードを積み重ねていく事が大事です。

 

とりわけ、あらかじめリスクを回避できるようにするには間違いをすることも大切です。

もちろん、間違いをするといっても、再起できないほど重大な負けをする事は話になりません。

 

小さいケアレスミスを何回も経験することが結果として己の場数を増やす事が出来ます。

 

れを考えると、まず最初は少ない額で取引を行い、そこで幾度か取り返しが付く損をすることが大切です。

 

ひとつの例として、100万円しか投資資金がない場面ではじめから100万円を全額賭けて取引すると、間違えた時永遠に立ち上がれなくなってしまう危険性があります。

 

そうであるならば、仮に10万円ずつ取引して、ここで売り買いを重ねた方が着実にミスをカバーする方策なども身についていくはずである。

 

最初にわずかな額で売り買いする事の良いところは、既出の通り、自身の体験を増やし間違いを回避する技術を身につけることにあるが、合わせて、トレードの回数を積み重ねて、危険性を少なくできるというメリットもある。

 

仮に、1回あたりの売り買いで勝てる確率が5割だとしよう。

 

この場合、同じく50%の確率でマイナスになるリスクもあるということになります。

 

勝率50%ということは半分半分の確率で勝利できる事を示しています。

 

だが、全ての資金を投じて1回のみの勝負をするということは、勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

これは賭けと同じです。

 

要するに、全ての投資資金をつぎ込んで1回だけしかトレードしないと、それだけでは負ける危険性が高まります。

 

それだけに、投資するお金を1回に全部使うのではなくいくつかに分けて、投資経験を積み重ねる事がリスク分散となります。

 

また何度かに分けたとしても、全てのエントリーでプラスにする事は不可欠ではありません。

 

正しく言うと、全部は勝てないのが実情です。

 

投資で肝心なのは勝ち負けの回数ではなく、どれほど利益を上げるかです。

http://maruta.be/mzta

勝半5割でも、例えば5割以下でもプラスにする事は出来ます。

 

負ける確率が高くてもその損益が小さければ、3割の勝利の利益の大きさで十分に儲けられる。

 

そのために不可欠な事は、損失を少なく、利益を大きくを忘れない事です。

 

損したら直ちに損切り注文して勝った場面では上手に利益を出す事が、FX取引初めての方が外国為替証拠金取引でプラスになるための神髄です。

 



コメントする